保育心理===講師:山田所長

まず、最初の講座は「保育心理」。保育心理士資格の成り立ちと役割をはじめとして、保育と心理を繋ぐための考え方や子どものとらえ方の基本を確認します。

今の子どもたちの課題と背景となるメディア環境を知ることで、子育て文化の変化と子どもの孤独感を理解します。この背景を知ることによって、保育者として何を把握しておかなければならないかが見えてくるでしょう。

ぷろほの各科目の内容と目指すものについて解説し、子どもの視点で保育現場を「子どもはどこで安心するのか」「子どもの安心には何が必要か?」「子どもの日常として安定した環境とは?」などと見直すことで、これまで当たり前と思っていた保育環境の偏りに気づきます。これが、ぷろほの科目の基礎になります。

コメントは受け付けていません。