発達検査===講師:山田所長

乳幼児期の知能発達や多動やこだわりなどの発達検査の中から、保育者が日常の遊びの中でチェックできる検査項目を取り上げ、そのポイントをつかむと共に、発達のデコボコがあったときにその課題を身につけるために保育の中で取り組んでゆくスモールステップを考えます。

ことばについては言語治療の講座で取り上げるので、発達検査の講座では多動・対人関係、運動機能、認知などについての項目を取り上げて学んでゆきます。

コメントは受け付けていません。