設立のごあいさつ

ここに「子どもと保育研究所ぷろほ」がスタート台に立てました事を、これまでお世話になった方々に、心より感謝申し上げます。

この研究所は、現役保育者のスキルアップの学びの場のみならず、休職中の保育者や転職を考えている保育者のリフレッシュ・リカレントの機会、短大・大学などの保育者養成校を卒業した学生の進学先、これから保育現場のアドバイザーとなる心理士たちの学びの場、さらには将来園のリーダーとなる園長の子弟やお嫁さんの学びの場として、これから保育に関わる様々な立場の方々の足がかりとなることを願って設立されました。

「子どもの心に寄り添える保育者」は私の生涯の願いでした。育児休暇を11年、職場に完全復帰するまでは15年かけた私は、遅まきながら2000年に保育心理士の資格を立ち上げ、いま全国に1300人を超える資格取得者がおります。しかし、現場の子どもたちの状況は、その間決して改善されていません。戦後作られた「最低基準」が、まるで最高基準であるかのように打ち砕かれてゆく日本の保育の現状は目を覆うばかりです。

また、臨床心理士や発達臨床心理士が保育の中にアドバイザーとして入ってきたときに、心理のことしか知らないために現場としてはとてもアドバイスが空論的であることは多くの園から訴えられることです。そのような、保育現場に関わる心理士やカウンセラーが研究所で3か月の学びを経て保育・教育現場のアドバイザーとなってくれることも、この研究所の願いです。ここでは保育者が学ぶという一方通行ではなく、心理士(師)の方からも保育に近づける橋渡しができると思っています。

もう一つ、恩師河合隼雄先生のことが、今の私の原動力でもあります。河合先生の遺影に「そちらに行った時には、またお話聞かせて下さいね」と話しかけた時、私の耳に河合先生のお声が「あんたも、ちゃんと話せることしてから来(き)いや」とはっきりと聞こえたのです。その時私は、「このままで一生を終わったら河合先生に合わせる顔がない。保育と心理を繋ぐ分野を私なりにしてからでないと、浄土に行って河合先生に会えない」と直感したことが、この研究所設立の後押しとなりました。

幼保一体化の波、虐待や子育て不安の行方など、子どもを取り巻く実情を見ますと、とても不安定な状況にいることを皆さん感じておられるかと思います。

どれに目を奪われても足元は暗闇に思え、先が見えない思いです。しかし、そのような中で「いま、子どもたちに必要なことは・・・」という一念を心に抱いた時、一本の細い道が私に向かって伸びているのが見えてくる気がしたのです。そしてそれは暗闇が増せば増すほど、あたりが揺らげば揺らぐほど、明るくまっすぐに見えてきたのです。それは「子どもたちが側にいてほしいと願う人は社会や制度がどう動こうと変わらないのだ。そんな人を育てる場をつくろう」と私に思わせてくれるものでした。
子どものために学びたいと願う皆さんのご意見を取り入れながら、研究所はこれからもどんどん役に立つものに変化してゆきます。

これからこの研究所での学びが、子どもを照らす一筋の灯りとして、どんなにわずかな光であっても、行く手を示すものになれたらいいなと願っています。どうぞ皆様のご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

2011年9月11日    特定非営利活動法人設立総会の日に
理事長  山田眞理子

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。